記録を残すところ

基本は自分のために残す。だけど自分の好きが他の人の好きに重なったらそれは素敵なことだと思うんだ。だから公開する。

Pile Live at Budokan ~Pile feat. ラブライブ!~ (2017.12.2 日本武道館)

2017年1月1日、年明けのライブで今回の武道館ライブが発表された。
それから11か月、アジアツアーがあったりアルバムが出たりBDツアーがあったりシングルが出たり…他にもいろいろありつつ遂に迎えた12月2日。
無事に最初から最後まで参加できたので、自分が感じたことを残しておく。


当日の天気は晴れ。
九段下に着いて田安門を抜けると鮮やかな銀杏並木がお出迎え。
その向こうに本日の会場、日本武道館があった。

歴代の衣装が展示されていたので、それを観てから早めの入場。
1階スタンド最前という、会場全体を見渡せてステージも近くスペースもあるかなりいい席をもらえた。
準備して静かに開演を待つ。

00.Opening Act

9分押しで16:54開始。ダンサーさん2人が出てきて1曲踊って帰っていった。
A diamondというユニットらしい。
マイク無しでMCも無し。
残念ながら今日来てる客層には合わなさそうと思った。

本編は5分押して17:05開演。

01. チェックメイト
02. ドリームトリガー
03. VENGEANCE

Pileライブ1曲目と言ったらこの曲、というくらいの立ち位置になっているチェックメイトで本ライブも開幕。
やはりこのベース音から少し助走つけて一気に爆発する感じはいいね…
ドリームトリガーは序盤に来るのは珍しい感じ。
VENGEANCEは今年1月1日に初公開、それ以降開幕を飾る事が多くて、今回も序盤のカタパルト的な役割。

MC挟んで次のブロックへ。

04. 伝説のFLARE
05. Dream of Princess
06. 花と翼
07. Heroic Philia
08. EGOIST
09. angel song
10. FLY
11. Black Butterfly

このブロック、なんと8曲連続だった。
歌っても歌ってもMCが入らず立て続けに次の曲が始まる、ライブ終盤のようなラッシュ。
しかもメドレーではなくフル。
伝説のFLARE→Dream of PrincessおよびDream of Princess→花と翼→Heroic Philiaの流れがよかったです。
伝説のFLAREとDream of Princessは武道館でも聴けてよかった…
実は伝説のFLAREの時点で今日の歌はいつもより抑えめかな?と思ってたけれど、それは終演後に理解することになる。
EGOISTは大きい会場でもライブ映えする。曲調的に「ライブハウス武道館」って感じが醸し出されていた。
angel songやFLYも来てc/wもここで披露。
Black Butterflyはやっぱ生バンドですよね。

ようやくMC、ここでシークレットゲスト登場のお知らせ。
サンリオの曲を歌っているということで、ハローキティさんがステージに降臨。
さらにトロッコに乗って下手側からアリーナ外周へ。

12. 絆Hero
13. HANABI!!

自分の座席が西1階スタンド最前だったため、絆Heroの時にめちゃくちゃ近かった。
アリーナ最前~メインステージ間よりも近い。
2秒くらいこっちの方を向いてくれた。(と思うことにする)
曲終わりでまだトロッコが半周しかしていなかったのでトロッコでもう1曲。
HANABI!!が来るとライブが折り返しって思うんだけど、今日は例外だったね。
武道館でタオルが舞っててその中をトロッコで移動してる光景がよかった。
終わった後キティさんに抱きつくぱいちゃんかわいい。

ここで一旦退場。

幕間映像①

2007年のデビューシングルからインディーズ時代に出したCDタイトルがスクリーンに表示されていってそれからインタビュー映像に。
その後、μ'sのライブ映像がFirstからFinalまで順に流れる。
Firstがぼららら、NYがスノハレ、3rdが夏色、4thがもぎゅっと、5thがWR。
FinalはMOMENT RINGかなと思いきや他にも何曲か。SDSとミミミがあったのは覚えてる。
その後、僕たちはひとつの光をBGMにインタビューの後半部分。
ラブライブ!についての話だったので、映像明けにラブライブ!の曲が来ると身構えていた。

14. No brand girls
15. Music S.T.A.R.T!!
16. Silent tonight

4th以降のあの長い打ち込みイントロから、事前に発表されていたゲストえみつんとともに登場、No brand girlsで幕開け。
サビの振り付けは全部4thの簡易版。
当時からだけど自分はμ'sのライブはコールとかも最小限しかせず基本的に観る・聴くに徹してて、それはこの日も同じだった。(でも身体が勝手に動くから振りコピはする)
中央のスクリーンに映るのがアニメ映像ではなくFinalの映像だったのが新鮮だった。
今思うとつまりそれは、このライブがFinalの後に行われているライブということの表れだったのかもしれない。
曲は全体的に聴いてて「安心」するって感情が一番近かったと思う。

ただ、Silent tonightはちょっと特別だった…。
イントロで膝から崩れ落ちつつも、
2015年最大の後悔だったからその時の闇が消えたんだな、とか
さっき歌ったNo brand girlsは闇を吹き飛ばす曲だったな、とか
あの日は夏だったけど今はもう12月で冬だな、とか
いろいろ考えてた。

3曲終わってえみつん退場。
曲数的に予想通りかと思いきやそれは間違いだったことがすぐにわかる。
MC挟んで次の曲へ。

17. それは僕たちの奇跡
18. 愛してるばんざーい!

アジアツアーでも歌っている2曲。
私たちのいまを確認する曲。武道館に立っているんだ、というのを改めて実感していた。

曲が終わってMCへ。
バンドも戻ってきたのでソロパートに戻るかと思いきや、再びえみつん登場。
ソロ曲でデュエットか?と期待するも、2本用意されたスタンドマイクを使う曲が思いつかない。
考えを巡らせている間に告げられた曲名は予想だにしないものだった。

19. LOVELESS WORLD

ラブライブ!曲で生バンドで聴きたかった曲No.1であり、その機会がついぞなかった曲でもある。
まさか叶う日が来るとは…。
しかもμ'sだと落ちサビはぱいちゃんもえみつんも主旋律じゃなくコーラスのパートなんだけど、
今回はぱいちゃんが主旋律、えみつんがコーラスというパート分けで、まさに今だからこそ観れるもの、今しか観れないものだった。
9人の時はメンバの中でも歌唱力お化けな2人+南條さんの3人のコーラスに残りの6人で立ち向かう構図だったのが、
今回はそのお化け2人がタイマンガチンコ勝負みたいになって昂り方が半端なかった。
後で気づいたけれど、スタンドマイクだったのはヘッドセット無しで振り付けするためだったんだと思う。

終わってふたりとも退場。

幕間映像②

映像は武道館の打ち合わせの様子。
ダンス曲の話があったので、次のブロックに期待していたらその通りに。
1つ目の映像もだけど、映像から曲への流れが自然でよかった。
こういう細かいところの演出大事。

20. ~Jewely Door~ → Furuwasete
21. ヴァンパイア革命
22. Sweet My Song
23. 雪降る夜

インストの~Jewely Door~からFuruwaseteというアルバムそのままの流れ。
~Jewely Door~の時はJewel Voxツアーで使われた映像が流れていて懐かしさが込み上げていた。
Furuwaseteはちょっと振り付け変わってた。
初期の開幕曲ということもあり、ここから後半戦が始まるということだったのかも。
そこからもうひとつのダンス曲ヴァンパイア革命の流れは去年のTDCHライブと同じ。
Sweet My Songは端の方まで来てくれたので世界一の笑顔を見ることができた。
雪降る夜では落ちサビで雪が降る演出。終わった後ステージには雪が少し積もっていた。

MCを挟んで次のブロックへ。

24. ヒカリフライト
25. Vivid vision
26. 素晴らしきSekai
27. 816 not found
28. 金糸雀
29. いつかキミに届ける世界

アルバム曲多めのゾーン。ここもさらりと6曲連続やってるけれどまだ最後じゃない。
Vivid visionは春のBDツアー以来だったけどやっぱりこの曲は難しいね…。
816 not foundもまた聴けてよかった。コールとかなしにひたすら歌声に酔える曲。
去年のTDCHで本編ラストだったいつかキミに届ける世界はこの位置に。ギターの中嶋さんと肩を並べて歌ってる姿が印象に残ってる。

30. P.S.ありがとう…

曲前のMCで、いつも言ってる落ちサビで好きな9色を~の言及が直接的にはなかったけれど、
それでもちゃんと揃ったからしっかり普及しているんだなと。
現存する9色の景色を関係者席にいたであろう何人かに見せられたのがよかったです。

そして本編最後のブロックへ。
この時点で30曲だけど、まだ歌ってない曲があるね?

31. Lost Paradise
32. 一歩先へ
33. ⇒NEXT WORLD⇒

ここまで歌った曲、そして残りの曲で、ラスト3曲はこうなるだろうなという予感はしてた。
Lost Paradiseはライブで聴けるのを本当に楽しみにしてたし期待以上だった。新しい武器を手に入れたので今後もいろんな場所で歌っていってほしい曲。
一歩先へ、これまで30曲以上歌っているにも関わらず衰えるどころかますますパワフルになっていた。
そしてPileライブの必殺技⇒NEXT WORLD⇒で本編〆。イントロで連番者が膝から崩れ落ちてた。
自分はこの3曲、間奏とかでほとんど地上にいなかった。

本編終了が19:58。アンコール待ちの時にアリーナでサークル作ってる人々がいたのがおもしろかった。

EN1. キミがくれたKISEKI

アンコール明けで歌われることが多かったので過去のライブを思い出しながら観ていた。
アニサマで生バンドで披露されて以来の最後の伸ばしも健在。今回のタメはいつもより長く感じた。

ここで再度えみつんを呼び込み。
今度こそデュエット来るかと思ってたら、曲振り無しで聞こえてきたのはシャンシャンする鈴の音で…

EN2. Snow halation

この日1本だけ持ち込んだUOLost Paradiseで折ってしまっていた。
いや、ラブライブ!ゾーンでスノハレがなかったからさ…アンコールでまた来るとは思ってなかったよ…
急遽連番者に恵んでもらって事なきを得るも、読みが足りなかったのを反省。
曲の方は相変わらず振りコピしながら観てた。
2番Bメロで抱きしめるかなと思ってたら抱きしめ合ってて満足した。
あと一度9色に彩られた武道館が白、そしてオレンジに染まったのが嬉しかった。この順番が大事。

歌い終わってえみつんがステージに残ったまま、
次の曲がアカペラから始まった。

EN3. Melody

三度目の正直ということでついにソロ曲デュエットが実現。
ゲストとしてせっかくえみつんが来るんだから、
それぞれの持ち曲でもコラボしてほしいと思っていて、
その想いはこのライブ中にますます強くなっていって。
それが叶ったのもまず嬉しかったし、その曲がMelodyだったのもまたいい選曲だった。
アンコールに歌われるMelodyは何故か妙に涙腺にクるんですよ…
AメロとBメロは交互に歌ってたんだけど、
サビでふたりの歌声が重なった途端、涙が溢れ出てきて…
ソロ歌手としてのPile新田恵海が真の意味でコラボする、それはどちらかの持ち曲をふたりで歌った時だと思っていたから。
まさにそれが達成された瞬間だった。

Melodyは去年の東京ドームの後に最初にリリースされたシングルで、
直後のTDCHでも最後に披露された重要な曲。
今回えみつんとコラボしたことでまた新たな一歩を踏み出した、そんな気がした。

歌うべき曲はもう少し残っている。
というわけでダブアン確定。

W-EN1. Your is All...

節目で歌われる、10年前にリリースされた最初のデビュー曲。
今日歌わないはずがない。
前日に小さなイベントのステージでこの曲を歌っている動画を観ていたのもあってか、
目の前に広がるピンクのペンライトで埋めつくされた武道館を見て胸がいっぱいに。

W-EN2. DASH
W-EN3. ROAD

DASHはBDツアーとアジアツアーで撮影可だったこともあり、TLによく流れてきてた。
自分が最後に観たのは8月のシンデレラブレイドのイベントかな。
ROADは歌詞が大好きで、ライブの終わりに聴きたい曲。
最後のコール&レスポンスは3回目のフェイントに引っ掛かる人多数なのはご愛嬌。
無事にここまで来れてよかった。
「これからも笑えますように」…

武道館の音出しができるのは21:00まで。
まだ時間が余っているから最後にもう1曲やると話があり、
これだけやってまだ歌えるのかと驚きつつも、
今までの経験上この流れでやる曲はひとつしかない。
というわけで覚悟を決めて最後の曲へ。

W-EN4. Lost Paradise

新曲をもう一度歌って締めることが多かったから、タイトルコールは一緒に叫んでいた。
足が吊りかけていたけれど意地で最後まで跳びきった。

最後はバンドメンバーとバックダンサーに加えてえみつんも出てきてマイク通さない生声の挨拶。
向こうの生声が届くならこちらの生声も届くはずだから私は声援を送るのを止めない。

終演は20:45頃。
知人と合流して日高屋で打上して〆。
翌朝は当然のように筋肉痛でした。

総評。
3時間40分に渡る長時間ライブ。
全40曲でしかもすべてフルというのは、フェスじゃなくワンマンではさすがに初めての体験だった。
MCは短めで、伝えたいことはその分歌に込めるというストロングスタイル。個人的には大歓迎。
周りの環境も音響も特に気になることなく最後まで最大限楽しめた。
ラブライブ!曲に関しては当初は3,4曲くらいだと思っていて、それ以上やってPileソロの曲が減るなら正直なところあまり多くやらないで欲しい気持ちもあった。
でもその考えはPileソロ曲もラブライブ!曲もどちらもいっぱい歌うという力業でねじ伏せられた。
フルで40曲、しかも後半になるにつれてバテるどころかむしろパワーアップしていくパフォーマンスにはただただ圧倒されるばかり。
こんなん並大抵の歌手にはできない離れ業だよ…
曲数考えると序盤はあえてセーブして歌っていたのかもしれないと終わってから気づいた。
あとはPileさんの歌をあまり聞いたことのない多くの人にこのライブを届けられたのが嬉しかった。
本当にいいライブでした。
歌手デビュー10周年、満員の武道館おめでとう。そしてありがとうございました。


セットリスト
01. チェックメイト
02. ドリームトリガー
03. VENGEANCE
MC
04. 伝説のFLARE
05. Dream of Princess
06. 花と翼
07. Heroic Philia
08. EGOIST
09. angel song
10. FLY
11. Black Butterfly
MC
12. 絆Hero (with ハローキティ)
13. HANABI!! (with ハローキティ)
幕間映像①
14. No brand girls (with 新田恵海)
15. Music S.T.A.R.T!! (with 新田恵海)
16. Silent tonight (with 新田恵海)
MC
17. それは僕たちの奇跡
18. 愛してるばんざーい!
MC
19. LOVELESS WORLD (with 新田恵海)
幕間映像②
20. ~Jewely Door~ → Furuwasete
21. ヴァンパイア革命
22. Sweet My Song
23. 雪降る夜
MC
24. ヒカリフライト
25. Vivid vision
26. 素晴らしきSekai
27. 816 not found
28. 金糸雀
29. いつかキミに届ける世界
MC
30. P.S.ありがとう…
MC
31. Lost Paradise
32. 一歩先へ
33. ⇒NEXT WORLD⇒
EN1. キミがくれたKISEKI
MC
EN2. Snow halation (with 新田恵海)
EN3. Melody (with 新田恵海)
W-EN1. Your is All...
MC
W-EN2. DASH
W-EN3. ROAD
MC
W-EN4. Lost Paradise


※歌わなかった曲一覧(伝説のFLARE以降のPile名義曲のみ)
Not Alone
宝石とマーメイド
夢見花
空色デイズ
デュエル
Primal Star
Undefined Angel