記録を残すところ

自分のために残す。でもそれが誰かのためになるかもしれない。

淺草45お披露目イベント (2018.4.8 浅草九劇)

淺草45のお披露目イベントに行ってきた。
4月1日に発表されたこのグループ、どうみてもメンバはベビレと9nineなので、
エイプリルフールの企画だと思っていたらイベントが発表されて、
戸惑いつつも応募したら幸いにも当たったので自分の目で確かめることに。

正直、入場して着席しても開演するまでは実感が湧かなかったが、
蓋を開けたらとんでもないイベントが待ち構えていた。

 開演前はアナウンスなし。
2部は入口付近のスタッフが注意事項を叫んでいるのが聞こえた。1部でも何か言っていたかもしれない。(遠くてわからなかった)

定刻から数分遅れで開演。
まずはオープニングアクトから。


ベイビーレイズJAPAN

01. 1部:○○○○○ / 2部:Pretty Little Baby
02. 虎虎タイガー!!

祝☆大矢さんツインテール復活!!!!!
髪色明るくしてからのツインテは初めて見て、どストライクすぎて早くもむりになってしまった。
衣装は昨年末の新木場のもの。

1部はいつものSEから○○○○○。
当初から大好きな曲で、前日から新木場のライブ映像をメンバがアップしてて聴きたい気持ちが強まっていたからいいタイミングだった。
2部はSE無しでPretty Little Babyの長めイントロから。
開演前に隣の人と話していて、Pretty Little Baby好きなんですって話を聞いていたら1曲目に来たので嬉しさ倍増してた。

演者もファンも探り探りだったので最初はみんな着席して観ていたが、
大矢さんが途中で立つよう促してくれたのでいつものライブ会場の空気に。
演者から言ってくれて本当によかった。

MCは、オープニングアクトは6年前の9nine(2012.8.19日比谷野音)で出て以来2回目とのこと。
前回は先輩だったのが今回は後輩でしかも規模も1桁小さくなってる!と笑いを誘う場面も。
1部では9nineの佐武さんがまだ着替え終わってないからMC伸ばしてくれとの指示があったとかなかったとか。
あと、9nineのファンにベビレの曲が刺さっていないのでは?という話から、5/6の野音の宣伝に繋げたり。

虎虎タイガー!!は1部2部ともに変わらず。
2部で虎MIXを初めて聞いた気がする。


9nine

03. 1部:桜、ゆれる / 2部:koizora
04. 1部:チャンス / 2部:ケセラセラ

1週間前のバースデーイベントで多数決に負けて聴き逃した桜、ゆれる。
この曲が来た時点で来れてよかった…。
イントロの鳥のさえずりが聴こえてきた瞬間ガッツポーズですよ。
嬉しすぎて叫びそうになったのをぐっと堪えたのは褒めてほしい。
koizoraもいい曲だけど、やっぱり自分は桜、ゆれるの方が好き。

MCの自己紹介の時の反応見た感じ、やはり9nineファンの比率は少なかったかな。


●映像&MC

オープニングアクトが終わって、転換中はスクリーンに15分52秒の映像。(再生時間はちらっと見えた)
リハスタジオにメンバが集まるところから、自己紹介と
ドール・うーの5秒遅れて聞こえる問題の対策、意気込みなど。

映像後に9人出てきて自己紹介。
上がメンバカラーのTシャツに下は個人によって様々。
靴はベビレは高見さん以外履き替えていなかった。

自己紹介終わった後はユニットに分かれるため一部メンバは退場。

映像で割と不穏な感じがしたのでこれから何をするんだろうと思っていたら、
定位置について曲のタイトルコールが発せられて…。


●ひさご通り'5 (2部は07.と08.)

05. ひさごトラベラー (※少女トラベラー)
06. ひさご Kiss (※Baby Kiss)

まさかの少女トラベラー
いや、タイトルコールはひさごトラベラーだったけど。歌詞も一部変わってたけど。
そんなことはどうでもよくて、

ベビレが、9nineの曲を、歌って、踊ってる。

なんだこれは。何が起こってる。
そうこうしているうちに次の曲も始まって、
今度は9nineがベビレの曲を歌って踊っている。

ちょっとまってほしい。
これはそういうイベントなのか…?
4/1の虚構が現実になった…?

キャラ設定はライブが始まってすべて吹っ飛んでしまった。
その一方で段々とこのイベントの主旨を理解してきた。

とりあえず抱えた想いは少女トラベラーのCメロ名前呼びコールに全力で乗せた。この辺は現場対応力が試される。

Baby Kissの萌え台詞は、1回目が傳谷さん、2回目が西脇さん→吉井さんだった。


●ホッピー通り'4 (2部は05.と06.)

07. 充電満タン~ホッピーナイト (※充電満タン~サタデーナイト)
08. HOPPY 7 DAYS (※HAPPY 7 DAYS)

親指と小指を立ててホッピーに見立てる振付が多数。
ワハハの手の形を縦にするといえばわかるはず。

充電満タンの時は最前の人たちと林さんが乾杯してた。
間奏の空気入れは佐武さん。でも2部は高見さんに持ってかれていた。
2部は歌い出しで村田さんのマイクが入ってなくて1番終わるまでマイク無しでやっていた。

HAPPY 7 DAYSの振付はオリジナルだとヘッドセット付けてるから両手だけど
今回は片手にマイク持ってるので片手で振り。
サビは7じゃなくてホッピーを作ってた。


●淺草45

09. アサクサ☆2NITE (※チクタク☆2NITE)
10. ゲート・オブ・ザ・サンダー (※ゲート・オブ・ザ・タイガー)

9人揃ったところで事前に公開されていた2曲を披露。
前日には佐武さんのラジオでも流れていました。

5人と4人だからか、1列に並ぶとベビレと9nineが交互に並ぶ配置。
チクタク☆2NITEで前列4人後列5人のフォーメーションになった時はちょうど9nineとベビレに分かれる形に。

観てて思ったというか振りコピしようとするとわかるけれど9nineのダンスはやっぱり難しいんですよ。
それを自然に、あたかも自分の持ち曲のように踊ってみせたベビレ。相当練習したんだと思う。

ゲート・オブ・ザ・タイガーはイントロのソロが林さん→吉井さん。
林さん、歌を揺らしまくって遊びすぎです。負けた。
Aメロ名前呼びコールは健在。ドール・うーと髙緑のコールは最後までなんて呼ぶか迷った。傳谷さんをエリカー!って合法的に叫べるのは貴重。
Bメロは全力lorenコール。


歌い終わったら1部は一言挨拶して退場。
アンコールあるのかなと思っていたら、傳谷さんのアナウンスであっさり終演。

2部も簡単に挨拶と思いきや重大発表が。

即「やめないでー!」って言ったファンは慣れすぎてて怖いな!佐武さんにも突っ込まれていた。
というわけで方向性の違いにより活動休止宣言。
その後のMC佐武さんは解散って言ったがそれを訂正するように傳谷さんと大矢さんが活動休止と言って僅かな望みを持たせていたのが印象的。

退場後はアンコールが発生して全員再登場。
ここで大矢さんからひとりずつネタばらし。それを受けて新鮮なリアクションを取るファンの皆さん。
キャラの設定はそれぞれ自分で考えたとのこと。
最後まで残った西脇さんは周りの空気を読んで風水少女になったそう。
吉井さんは笑えないのがつらいって言ってたし、高見さんは喋りたくてしょうがなかったとか。

最後に記念撮影して終了。
1時間半くらいのイベントでした。


終わってみての感想。
最初は濃いキャラ設定がついていたからトークメインなのかと思っていた。
そしたらベビレと9nineのシャッフルユニットとコラボのライブがメインというサプライズが待っていた。
ベビレと9nineのコラボはいつか観たいとずっと願っていたので、
思い描いていたのとは違う形ではあったけれどやっと実現されて、それを観れたことが幸せです。
一緒にステージに立つことはあっても、2組で歌う姿は観たことなかったから…。
なんかこのコラボを実現するために、今回の冗談みたいな企画が生まれたんじゃないかと思った。エイプリルフールに初めて感謝してる。
唯一の不満はキャパが小さすぎたこと。箱が取れなかったから自前の九劇で無理矢理ねじ込んだのかと思った。


終わった後はホッピー通りで打上。人生初ホッピーはコスパのいいアルコールという感想でした。

ベビレと9nineのコラボはまた何かの機会で観れたらいいですね。


~~~セットリスト~~~

ベイビーレイズJAPAN

01. 1部:○○○○○ / 2部:Pretty Little Baby
02. 虎虎タイガー!!

9nine

03. 1部:桜、ゆれる / 2部:koizora
04. 1部:チャンス / 2部:ケセラセラ

●ひさご通り'5 (※2部は07.と08.)

05. ひさごトラベラー (※少女トラベラー)
06. ひさご Kiss (※Baby Kiss)

●ホッピー通り'4 (※2部は05.と06.)

07. 充電満タン~ホッピーナイト (※充電満タン~サタデーナイト)
08. HOPPY 7 DAYS (※HAPPY 7 DAYS)

●淺草45

09. アサクサ☆2NITE (※チクタク☆2NITE)
10. ゲート・オブ・ザ・サンダー (※ゲート・オブ・ザ・タイガー)