あゆみくりかまき Presents 尊敬という名のGIG SP (2018.5.4 Zepp Tokyo)

あゆみくりかまき主催、ゲストにBiSとベビレを迎えるスリーマンライブが発表された。
ベビレが出るというものの対バンでそんなに曲数が多くないと思って参加するか悩んでいたところ、
4月半ばに本イベントの予習ができるDJイベントがあったので参加してみたら、
BiSの曲の良さを知り、あゆくまのライブの楽しさを改めて実感した。
それに加えて、個人的に今のタイミングで聴きたかった夜明けBrand New Daysが、
インタビューで歌われることが確定していたので参加することを決意。
3組とも予習十分で当日に臨んだ。

 
会場はZepp TokyoZepp DiverCityは何回かあるんだけどこちらはお初。
開場前にうろうろしていたら、DJイベントの主催の方を見つけたので挨拶。
きっかけをくれたお礼を直接言うことができてよかった。

入場後は運良く1柵と2柵の間に滑り込めたのでいい位置をゲット。
ただ隣にBiSファンの集団が集まってしまい、ちょっと心配になりながらも開演。

本イベントの恒例らしいTHE HIGH-LOWS日曜日よりの使者が流れてから幕が上がった。

●DJ SET
01. PARTY PARTY / TOTALFAT
02. LIVER / BLUE ENCOUNT
03. 狂乱 Hey Kids!! / THE ORAL CHIGARETTS
04. MONSTER DANCE / KEYTALK
05. エマ / go!go!vanillas
06. さくらんぼ / 大塚愛
07. Party Boys / Fear, and Loathing in Las Vegas
08. あつまれ!パーティーピーポー / ヤバイTシャツ屋さん
09. 虎虎タイガー!! / ベイビーレイズJAPAN
10. nerve / BiS
11. ともに / WANIMA

まずはあゆくまの3人によるDJ SET。
周りの反応聞く感じ有名な曲が多かったっぽいが、
自分が知ってる曲はさくらんぼとベビレとBiS曲のみ。
ただ、知らない曲でもあゆくまのお三方と一緒に楽しめるのがいいところ。

さくらんぼは超打ち曲だけど、サビの振付は某芸人のアレ。うず九みてたから対応できた。
虎虎は安定。
nerveはここで来た。本家で聴きたかったかも。サビの前方圧縮は楽しかった!

●BiS

01. WHOLE LOTTA LOVE
02. My Ixxx
03. SOCiALiSM
04. I can't say NO!!!!!!!
05. twisted grunge
06. Did not
07. Not Special
08. gives
09. BiSBiS
10. ロミオの心臓

ライブパート1組目はBiS。リハの順番的にそんな気はしてた。
いきなりWHOLE LOTTA LOVEが来てテンション上がる。
案の定、横のBiSファンからの圧があったが、波長を合わせて一緒に縦揺れして遊んでた。
割と前の曲が多かったらしく、わかったのは6曲。primal.聴きたかったよ…
それでもgivesとBiSBiSやってくれたのは嬉しかった。
givesはこのイベントの前に一度BiSを観ておこうと行ったリリイベで初めて聴いて惹かれた曲。
そのリリイベの前日に急遽メンバがひとり脱退して、
そのメンバのDメロソロが印象的だったBiSBiS。そこは5人全員で歌っていて何か熱いものを感じた。

そして実はBiSのターン、MCがほとんどなく10曲ほぼぶっ通しで歌っていた。
リリイベの時も30分MC無しで7曲ぶっ続けで、そういうスタイルなのかもしれない。
アイドルによくある自己紹介が一切なく、最後まで名乗らず終わってしまった。
公式サイトの顔と名前が実際に観た時と一致しなくて正直困ってたんだけど、
今日やっと5人中4人の名前がわかって、つまり消去法で全員わかった!
ペリさんとアヤさんが印象的だった。

近々、同じ会社の違うグループとメンバのシャッフルが行われるらしいので、今日観れてよかった。

ベイビーレイズJAPAN

11. JUMP
12. アンチヒーロー
13. Ride On IDOROCK
14. スーパーノヴァ
15. 何度でも
16. シンデレラじゃいられない
17. ミチシルベ
18. 夜明けBrands New Days

開演前は真後ろが大人しそうな女性ばかりだったから安心していたら、
ベビレのターンになったらいつの間にか屈強な男性たちが立ち並んでいて焦った。
普段ベビレ現場では起こらない前方圧縮が、この日はJUMPやシンデレラで発生してワンマンでは味わえないこの感じ。これはこれで良い。

セットリストは結構ひねった選曲だったと思う。
対バンで林さんの圧倒的歌唱力を見せつけるアカペラ始まりのスーパーノヴァは戦いに来てるなって思った。
何度でも、イントロで毎回悲鳴を上げてしまうし今回も例に漏れず。
翌々日の日比谷野音で待望の映像化も実現したし、今後も広まってほしい一曲。
シンデレラが来ると終盤の合図。
ミチシルベはあまりこういう機会では歌われないので嬉しい誤算。
最後は一呼吸置いてからのタイトルコール夜明け。
2番Aメロで、大矢さんが普段の振付と違って客席を指さしていたところが不意に刺さって不覚にも泣いてしまった。。。

夜明けはフロアが危ない予感がしていたので柵掴んでたらそれが逆に仇となってしまった。
最後の集団マサイに巻き込まれて左腕が打撲;;
以降拍手もクラップも痛くてできなくなる事態に。
まぁなんだかんだ自分も跳んでたんだけど、おかげで靴脱げそうになったりと久しぶりに激しいオルスタで楽しかった。

あゆみくりかまき

19. ナキムシヒーロー
20. ジェットクマスター
21. ゴマスリッパー
22. 反抗声明
23. 残像フラッシュバック
24. 鮭鮭鮭
25. 旅立ちの唄
26. つながり
27. KILLLA TUNE
28. WAR CRY
EN1. 春色ディスカバリー
EN2. 未来トレイル

最後を飾るイメージが強いナキムシヒーローがまさかの1曲目。
ベビレの必殺技である夜明けの直後ということを考えたら、
太刀打ちできるのはナキムシヒーローくらいかもしれない。
ジェットクマスターは香港でちゃんと言えなかったコールを完璧に叫べて満足。
ゴマスリッパーの横移動は今回初見殺しだったので横の人すまんな。
それ以降も知ってる曲が多く、というかつながり以外は全部知ってたから、知識増えたなぁと自分に感動。

あゆくまは一応定位置あるけれどみんな移動量が大きくて、
全員結構な頻度でこちら側に来てくれるのが嬉しい。

アンコールは全員出てくるかと思いきや、あゆくまの3人のみでちょっと残念。
春色ディスカバリーは初期の曲らしい。でも頭に残ってたしいい曲。
後ろ向きでもクラップを促してくれるまきさん好き。
未来トレイルは最後に相応しいね。歌詞も曲調もフロア全体で縦ノリするのも本当すばらしい。

というわけで3組30曲中25曲知ってる曲だったのもあって終始めっちゃ楽しかった…
追ってる人がそんなに多くないから、こういう対バンで知ってるグループだけなのは個人的に貴重な機会だった。
また似たような機会があったら是非参加したいですね。


~~~セットリスト~~~

●DJ SET
01. PARTY PARTY / TOTALFAT
02. LIVER / BLUE ENCOUNT
03. 狂乱 Hey Kids!! / THE ORAL CHIGARETTS
04. MONSTER DANCE / KEYTALK
05. エマ / go!go!vanillas
06. さくらんぼ / 大塚愛
07. Party Boys / Fear, and Loathing in Las Vegas
08. あつまれ!パーティピーポー / ヤバイTシャツ屋さん
09. 虎虎タイガー!! / ベイビーレイズJAPAN
10. nerve / BiS
11. ともに / WANIMA

●BiS

01. WHOLE LOTTA LOVE
02. My Ixxx
03. SOCiALiSM
04. I can't say NO!!!!!!!
05. twisted grunge
06. Did not
07. Not Special
08. gives
09. BiSBiS
10. ロミオの心臓

ベイビーレイズJAPAN

11. JUMP
12. アンチヒーロー
13. Ride On IDOROCK
14. スーパーノヴァ
15. 何度でも
16. シンデレラじゃいられない
17. ミチシルベ
18. 夜明けBrands New Days

あゆみくりかまき

19. ナキムシヒーロー
20. ジェットクマスター
21. ゴマスリッパー
22. 反抗声明
23. 残像フラッシュバック
24. 鮭鮭鮭
25. 旅立ちの唄
26. つながり
27. KILLLA TUNE
28. WAR CRY
EN1. 春色ディスカバリー
EN2. 未来トレイル